結婚式場を決めるテクニックを披露|来場者も視野に入れる

花嫁と花婿

挙式する神社の選び方

花嫁と花婿

神社の大小による違い

様々な結婚式のスタイルがある中で、日本らしさを求めるカップルに人気があるのが和装での神社挙式です。一般的には神前式という名で知られていますが、神前式は神社だけでなくホテルや式場の神殿でも行えるのに対し、神社挙式は実際に神社で行われる結婚式です。神社は日本全国に数万社存在し、ある程度社殿などが整っていればどこでも挙式する事は可能です。有名な神社で挙式するのもいいですが、新郎新婦にとって縁の深い神社で挙式するのもまた趣深いものです。ただ神社挙式する場合には、神社があくまで宗教施設であることを考慮しなければなりません。大きな神社などでは神社挙式のために式場や披露宴会場などが併設されていることもあるのですが、そうした神社は一部です。先述したように大抵の神社で挙式する事は可能ですが、式場などが存在していない神社では衣装の用意や披露宴会場の手配などは、自分たちで行う必要があります。こうしてみると披露宴会場の併設された大きな神社で挙式したほうがよさそうですが、小さい神社であれば工夫次第でオリジナリティあふれる結婚式を挙げられるというメリットもあります。身内だけで行うような式であれば会場選びや交通手段の確保もそれほど問題にはならないでしょう。特定の神社に思い入れがあるなら、検討してみるといいです。一方で手軽さを求めるなら、大きな神社のほうがいいでしょう。結婚式も頻繁に行われるので、神社側としても慣れているというのもあります。またプランなどもあらかじめ用意されているので、式場で挙式するのとほとんど変わらないサービスを受けられたりします。またこうした神社は参拝客も多いので、挙式すると新郎新婦に注目が集まるのでお姫様気分を味わう事も醍醐味と言えます。結婚式は神社挙式にすると決めたなら、どのような形での挙式スタイルにしたいのかをよく考えて、どの神社で挙式するのか決めるようにするといいでしょう。